1月15日生まれの偉人 今江祥智ほか

2018年7月1日

今江祥智

1932-2015 昭和後期-平成時代の児童文学作家です。
昭和7年1月15日生まれ。昭和35年「山のむこうは青い海だった」を発表,あかるいユーモアで注目されました。ファンタジーから長編小説まで多様な作風をもちます。作品に自伝的長編「ぼんぼん」,続編「兄貴」(52年野間児童文芸賞),「優しさごっこ」,「でんでんだいこいのち」(平成8年小学館児童出版文化賞)などがあります。平成27年3月20日死去。83歳。大阪府出身。同志社大卒。

カテゴリー: 1月生まれの偉人

« | »

シェア・保存

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です