4月21日生まれの偉人 中江藤樹ほか

2018年7月1日

中江藤樹

中江藤樹(1608~1648)は、江戸時代初期の陽明学者です。
中江藤樹は、郷里である小川村(現在の滋賀県高島市)で、私塾である「藤樹書院」を開きました。
中江藤樹は、身分の上下をこえた平等思想を説き、その思想は武士だけでなく、農民、商人、職人にまで広く浸透しました。
江戸の中期頃からは、「近江聖人」と称えられるようになりました。
代表的な門人として、熊沢蕃山がいます。

カテゴリー: 4月生まれの偉人

« | »

シェア・保存

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です