4月29日生まれの偉人 昭和天皇ほか

2018年7月1日

昭和天皇

昭和天皇(しょうわてんのう、1901 – 1989)は、日本の第124代に数えられる天皇で、名前は裕仁(ひろひと)、幼称は迪宮(みちのみや)といいます。
大正天皇の第1皇子で、母は貞明皇后です。
在位は1926年(昭和元年)12月25日から、1989年(昭和64年)1月7日までで、歴代天皇の実在する天皇の中では、在位期間が最も長く(約62年)最も長寿(宝算87)です。
軍事・外交政策に関して独自の判断を示し、戦争指導方針を含む国策決定に関与しました。特に二・二六事件のとき、反乱軍鎮圧を強く主張したことは有名です。
第二次世界大戦の敗戦時には、ポツダム宣言の受諾に大きく関与しました。
元日の詔書で天皇の神格性を否定する「人間宣言」を発し、全国各地を巡幸して、再建に働く国民を激励し、熱烈な歓迎を受けました。
日本国憲法で「国民統合の象徴」と位置づけられて以後は、その役割を忠実に果たしました。
生物学研究者としても知られ、『相模湾産後鰓類図譜』『相模湾産海鞘類図譜』『那須の植物』などの著書があります。

カテゴリー: 4月生まれの偉人

« | »

シェア・保存

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です