5月13日生まれの偉人 マリア・テレジアほか

2018年7月1日

マリア・テレジア

 オーストリア大公女、ハンガリー女王、ボヘミア女王にして事実上のオーストリア・ハプスブルク家の男系最後の君主です。また、神聖ローマ帝国皇后かつ事実上の神聖ローマ帝国君主であり、夫で神聖ローマ皇帝のフランツ1世とともにハプスブルク・ロートリンゲン家の祖にあたります。1715年生まれです。
 ハンガリー貴族を味方につけることに成功し、オーストリア継承戦争で勝利してオーストリアの瓦解を阻止しました。ウィーン大学医学部改革の後ろ盾になった他、衣装の自由化やイエズス会の禁止で失職した下位聖職者たちを中心に教員に採用し、全国同一内容の教科書と各地域それぞれの言語による義務教育を確立させました。

カテゴリー: 5月生まれの偉人

« | »

シェア・保存

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です