5月31日生まれの偉人 土方歳三ほか

2018年7月1日

土方歳三

土方歳三(1835-1869)江戸時代末期(幕末)に、京都で反幕府勢力を取り締まる組織、新撰組の副長を務めた人物です。
隊内では厳格な規律を設け、鬼の副長として恐れられていました。
幕府が崩壊した翌年の1868年には、戊辰戦争にて局長近藤勇に代わり新撰組を率いて戦いに参加しますが、敗戦してしまいます。
その後蝦夷地に渡り、間道軍総督として箱根や五稜郭を占領しますが、1869年に新政府軍が蝦夷地に上陸・進撃を開始し始めると土方は防戦を余儀なくされ、箱根での戦いにて敵の流れ弾に当たり、僅か34歳という若さで戦死しました。
今や歴史上の人物としては知らない人は少ない土方ですが、当時は色白でシャープな顔立ちをしており、多くの恋文を貰ってはつまらぬものと称していたという逸話もあるそうです。

カテゴリー: 5月生まれの偉人

« | »

シェア・保存

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です