6月11日生まれの偉人 川端康成ほか

2018年7月1日

川端康成

川端康成(1899~1972)は、日本の昭和期を代表する小説家。
代表作の一つ、「雪国」の冒頭文「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」はあまりにも有名です。
他にも「伊豆の踊子」「抒情歌」「禽獣」「千羽鶴」「山の音」「眠れる美女」「古都」など、数々の代表作があります。
日本人で初めてアカデミー文学賞を受賞したほか、多くの名誉ある文学賞を受賞しました。

カテゴリー: 6月生まれの偉人

« | »

シェア・保存

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です