6月14日生まれの偉人 アロイス・アルツハイマーほか

2018年7月1日

アロイス・アルツハイマー

アロイス・アルツハイマー(1864~1915)は名前から分かるとおり、高齢化社会でますます関心の高まっている[アルツハイマー病]を発見した人物です。嫉妬妄想、記憶力低下などを発症した患者の症例を最初に1906年に南西ドイツ精神医学会に発表したことで、後にこの症例がアルツハイマー病と言われるようになりました。

カテゴリー: 6月生まれの偉人

« | »

シェア・保存

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です