有名な戦国武将・島津家の(遠い)親戚の事業家とお会いした

2018年7月21日

とある勉強会で「しまづ」の苗字を持つデザイナー・コンサルタント、嶋津貴広さんとお会いした。

写真は勉強会後に新宿ロイヤルホストにて。

以前戦国武将の島津家久の記事を投稿したので、ピンときて聞いてみると、やはり関係があった。

有名な鹿児島の島津家の子孫というわけではなく、その先祖から分かれて山梨のほうで続いたご家系。

なんらかの理由で島津から嶋津に漢字を変え、武田信玄に仕えていたりもしていたそうだ。

子供の頃からそのような歴史を知っていたわけではなく、学校の先生に問われて調べて分かったんだとか。

嶋津さんはデザイナーで、集客に役立つ名刺を作ったりコンサルをされたりしている。

歴史ネタを投稿してなかったら、ここまで詳しく聞くことはまず無かったと思う。

歴史の楽しさを実感した出来事だった。

カテゴリー: 歴史その他

« | »

シェア・保存

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です